ASKAの第二の女性に嫁も失望?判決を待たずに自宅売却か?

飛鳥涼

2014年5月に逮捕されたASKA被告。警察の取り調べの中、愛人の存在までも明らかになりファンとしてはがっかりですね…。

そして調べが進む中、新たに発覚したのは第二の愛人女性の存在。これには嫁さんも失望したのか自宅を売却するという話も?併せてツッコミます!

スポンサーリンク

2013年に一部の週刊誌が報じたASKAさんの問題行動。週刊誌の取材に対して事務所を通さず自分で受けたり、問題の件の質問に対して

「ぜ~んぜん。もう、ぜ~んぜん。はっはっはー!」

と答えるなど

「え?ASKAさんってそんなキャラだっけ?」

と驚きのハイテンションASKAになっていたため関係者からは

「なんだか怪しい」

と疑惑の声も上がっていました。

でも、まさか本当にヤっていたとはね…。ニュースになった時は本当にビックリしました。

音楽関係者、特に作詞作曲を手がけるなど創作活動をする人で過去に同じような事件を起こした人は多いですね。

なので多少免疫ができているのか、

「きっちりと刑を務めた後、しっかり更生しまた良い楽曲を提供してくれればいい。」

程度に、再び返って来た時には何もなかったかのように応援しようと思っていたファンの方も多いのではないでしょうか。

しかしながら、調べが進む中、新たに発覚したのが愛人の存在。ニュースでも搬送される女性の映像が報じられていました。

⇒ASKAの愛人詳細はこちら

事件だけなら復帰するまでの時間はそうかからなかったのかもしれませんが、同時に発覚した不倫のダブルパンチで人気ガタ落ちは確実。イメージ回復には長い時間が必要でしょうね…。

さらに、調べが進む中で発覚したのはもう一人の別の女性、第二の愛人の存在が明らかになりました。

愛人1号に続く2号の存在。

もうこれ何号まで行くんでしょうね?

ASKA第二の女は誰?

こちらは1号とは違って顔や名前などが明らかにされていませんが、徐々にその情報が集まってきています。

ニュースによると、

女性の髪の毛を調べを行い陽性反応が出たため取り調べを行った所、

「2014年4月にASKAさんの勧めでやった。当初はそれと知らなかった。」

と容疑を認める供述をし、今後書類送検される予定と報じられています。

ところで、愛人2号って誰なのでしょうね?

現段階で分かっていることは都内在住の音楽関係者で47歳との事。バツイチという情報も上がってきています。

ASKAさんとは1994年頃からの付き合い。今から20年前なのでASKAさんが36歳で2号さんが27歳の時ですね。
(2014年現在)

1994年と言えば、トリプルシングル『HEART/NATURAL/On Your Mark』や、シングル『めぐり逢い』をリリー
スした年。

また、この年はデビュー15週年ということで香港、シンガポール、台湾と大規模なアジアンツアーをした年でもあります。

もしかすると、このツアーに随行した人の中に2号さんがいたのかもしれませんね。

『めぐり逢いの』の歌詞の中で、

同じ罪を振り分けてもいいね。いいさこの出逢い。こんなめぐり逢い…

というフレーズがありますが、なんだか2号さんとの出会いと今回の事件を連想するような気がするのは私だけかな?

名前については❝木下❞というのが上がってきていますが定かではありません。追加情報が出次第こちらで報告いたします!

事件発覚で1号、2号とくれば一番ガッカリしているのはファンでは無く嫁さんですよね。

その気持の表れからか自宅を売却するという噂が上がっています。

後半に続く!

スポンサーリンク

ASKAの嫁、自宅を売却か?

飛鳥涼 自宅

ASKAの嫁さんに付いては以前に紹介していますのでこちらをご参照ください。

⇒ASKAの嫁は元アナウンサー?

事件が発覚したのはASKAさんの嫁さんからの情報提供だったと言われています。
ASKAさんを更生するため自ら情報をリークし、その後、全面的にサポートすると決心しての事だったのでしょう。

ただ、初公判の中で1号さんについて

「彼女はどんな存在ですか?」

と聞かれたASKAさんは

「好きな人で大切な人です。」

と答えたといいます。

もちろんその場には嫁さんもいてそれを聞いているのですから、かなりつらかったことでしょう。

自宅を売却するという噂が流れていますが、理由について関係者筋の情報によると、

「未だに愛人に未練があるASKAさんを完全に一からやり直させる」

という想いで決断したとの話があります。

まぁ、それも理由の一つではあると思いますが、実際は連日報道記者が自宅周辺にこんな感じで張り付いていますので…

飛鳥涼 自宅

夜も寝れんわ!

というのが大きな理由になっているでしょう。
また、ガサ入れが入ったことで住所までネットで調べると分かるようになってしまっているので、住み続けるのはちょっとしんどいかな。

それと、自宅の購入当初の金額は5億円と言われているので、固定資産税も年間で数百万単位と非常に大きな額になりますのでこれまた厳しい。

事件、愛人&愛人、自宅売却と全てが解決するにはまだ時間がかかりそうでうですね…。

この記事のツッコミポイント!
  • 愛人1号は37歳
  • 愛人2号は47歳
  • そして第3の愛人(57歳)登場!
スポンサーリンク
この記事にツッコむ?

記事の感想やツッコミっぽいコメントな
どお待ちしております!

ファニップでは承認制を採用しておりま
すので、あらかじめご了承ください。

ファニップについてのご質問、ご要望に
つきましては「お問い合わせ」よりご連
絡くださいますようお願い致します。

お名前(ニックネーム可)※任意

メールアドレス(非公開)※任意

コメント本文